楽天市場

2020年04月09日

自作マスク マスククリップ

 今一番望まれているのはマスクの確実な供給だとおもいますが、入手が困難なのも確か。次なる手段は自作マスクのアイデアも多く見受けられる中、いいなと思ったのが「マスククリップ」というパーツ。

 マスクの手作りで一番難しいというか、大事なポイントは、マスク部とゴム紐をくっつける作業だとおもいます。ゴムひもを通すように縫っていくのは奥さんたちは得意かもしれませんが、おじさんや若い衆にはとっても不慣れな作業だとおもいます。

 そこで登場するのが「マスククリップ」。本来は名札フォルダーなどに使われるクリップなのでしょうが、紐を通す穴がマスクづくりにちょうどいいサイズです。これだとマスク部とゴム紐を簡単にくっつけられますし、マスクが汚れたりゴムひもが切れたりしても、取り換えが簡単に済みます。

 下の商品はロットが100個なので、グループで購入して小分けにするといいかもしれません。




posted by yukkuri at 23:10| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

ペットカート コムペット ミリクラン α

 「コムペット ミリクラン α」は耐荷重30kgのペットカート。ペットカートの出番は様々で、ペット歩行不可のマンション共有部、電車でのお出かけ、旅行、ドッグカフェといったシーンで活躍します。

 散歩の時も、複数だと一人で面倒見るのは大変ですし、高齢犬だと歩くのがつらい場合もあるので、飼い主にもペットにも優しいアイテムといえます。

 「コムペット ミリクラン α」は耐荷重が30kgなので、中型犬までOK。キャリー(カゴの部分)はカート(押し車の部分)から切り離して使えるので、自動車での移動や屋内に持ち込んだ時に便利です。

 そして、何よりもイチ押しな点は、「コムペット」がベビー用品メーカー「コンビ」のペットのためのブランドであること。ベビーカーのノウハウが生かされているとおもえば、安心して使えますね。




posted by yukkuri at 20:44| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

『裁ほう上手 スティック』

 コニシの『裁ほう上手 スティック』は、針・糸いらずの布用接着剤。チューブタイプに加え、スティックタイプが登場です。

 チューブタイプに比べ、スティックタイプの方が使いやすく感じます。カバンやリボンなどの細かい装飾はチューブタイプが合っているようですが、ズボンの裾上げやほつれ直しなどを簡単に行えるのはスティックタイプの方かもしれません。

 元々裁縫に縁のない男性向きだとおもいますし、出先での処置も簡単にできるので出張の多い人にも向いているとおもいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コニシ ボンド裁ほう上手スティック 6ml
価格:394円(税込、送料無料) (2020/1/5時点)



posted by yukkuri at 18:26| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

『TATEMU』

 『TATEMU』は、立てて仕舞えるTシャツ収納グッズ。先日の「家事ヤロウ」(TV朝日系)で知ったお役立ちグッズです。段ボール素材の『TATEMU』の上にTシャツを置いて一緒に畳むと収納完了。折り紙のような感覚で出来てしまうところが不思議かつ面白いです。

 番組では「ミリタリーロール」も併せて紹介していましたが、どちらもきちんと収納されれば美しいやり方。タンス等の引き出しに収納する人は「ミリタリーロール」が、本棚やラックといった見せる収納スペースがある人は『TATEMU』が向いているとおもいました。
 

posted by yukkuri at 21:54| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

ハイテク弁当箱「NEOVEN」

 「NEOVEN」は単体で温めができる「弁当箱」。KICKSTARTERというクラウドファンディングサイトが取り扱っていて、英文サイトなので100%理解していませんが、もともとは‘Portable Oven with Fridge, Kettle and Mixer Modules’となっています。

 直訳すれば「冷蔵庫とケトルとミキサーを伴ったポータブルオーブン」でしょうか。前出のサイトでは、ランチの直前にスマホから温めを指示しておき、ランチタイムになったらあったかごはんを待たずに楽しむ、というビデオが紹介されていました。

 ベーシックな構成は、メインモデュールにビッグフードモデュールとスモールフードモデュールを収めた形で、スモールフードモデュールとほぼ同寸のミキサー、フリッジ(冷蔵)、ケトルの各モデュールがお好みで追加、という構成のようです。

 弁当箱としてはちょっと大振りですが、ホカホカのごはんを待たずに食せるメリットをどうとらえるか、ですね。

posted by yukkuri at 19:56| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする