楽天市場

2020年12月09日

ドコモ 新料金プラン ahamo(アハモ)

 ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」が12月3日に発表されました。KDDIとソフトバンクも新料金プランを発表済みですが、いよいよドコモも参戦ですね。

月額料金(税別)、データ容量
 KDDIのUQモバイル(プラン名:スマホプランV)は月額3,980円、ソフトバンクのワイモバイル(プラン名:シンプル20)は月額4,480円であるのに対し、ドコモは月額2,980円となっています。データ容量は3社とも20GBなので、大きな違いは通話料金といえます。

通話料金
 ・ドコモ(ahamo(アハモ)):5分以内の国内通話は無料。月1000円のかけ放題オプションあり。
 ・KDDI(スマホプランV):最大60分/月は月500円。1回あたり10分以内ならかけ放題は700円。いつでもかけ放題は1,700円。
 ・ソフトバンク(シンプル20):10分以内の国内通話は無料。

 通話料金は利用スタイルによって向き不向きが変わってきます。例えば、バンバン通話する人はahamo(アハモ)が有利ですし、1回の通話を5分以内で済ます人もahamo(アハモ)が有利。後発の強み発揮ですね。

開始時期
 開始時期は、ソフトバンク(ワイモバイル シンプル20)が2020年12月下旬、KDDI(スマホプランV)が2021年2月以降、ahamo(アハモ)が2021年3月(開始日未定)となっています。

事務手数料
 「新規契約事務手数料」、「機種変更手数料」、「MNP転出手数料」といった事務手数料については、ahamo(アハモ)は3つとも無料。ワイモバイルは有料と明記されているし、KDDIは無料という記載を見つけきれませんでしたがおそらく有料とおもわれます。ahamo(アハモ)が圧倒的に有利。


 ahamo(アハモ)の対応端末は順次公開とのことなので今後注視するとして、自分の利用スタイル(データ消費量、通話時間)に見合ったプランがどれなのか、キャリア乗り換えとなると解約手数料へのサポートがどうなのか、といった点も含めて検討しようとおもいます。特に、UQモバイルやワイモバイルは元々低料金指向なので現行プランも視野に入れておくのがポイントと感じました。

【関連サイト】

 ahamo(アハモ)公式 
 ドコモ報道発表資料 
 KDDI(スマホプランV)
 ワイモバイル(シンプル20)

posted by yukkuri at 21:37| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

接触型ICカードリーダー GP-ICCR/W

 アイ・オー・データが取り扱っているGOPPA製の「接触型ICカードリーダー GP-ICCR/W」は、パソコンに接続して使えるICカードリーダー。マイナンバーカード、住民基本台帳カード、e-TAXカードなどのICチップカードに対応しています。

 これらのカードによるe-Taxや電子申請などの諸手続きが家に居ながらにして可能になります。ただでさえ忙しい年度末。時間の惜しい個人事業主や経営者の皆さんには強い味方だと思います。

 なんといっても、寒い3月に確定申告のために税務署前に並ばなくて済むのは大いに助かるし、人が集まるところに出向くのははばかられる昨今ではなおさらです。

 個人情報を取り扱うのでセキュリティが気になるところですが、「地方公共団体情報システム機構 適合性検証済」とのことなので安心といえます。




posted by yukkuri at 22:09| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

サンコー モバイルプロジェクター POKEPRO SABIPPRO

 サンコーの「モバイルプロジェクター POKEPRO SABIPPRO」は、Andoroid 7.1が内蔵された小型モバイルプロジェクター。その強みは、パソコンやスマホにつながなくても、Google Playで動画配信アプリをダウンロードできるため、プロジェクター単体で動画を視聴できることです。

 プロジェクターの強みは大画面ですが、画面が大きい分、明るさも無視できません。本機の輝度スペックは100ANSIルーメン。一般的な「ルーメン」が最も明るい部分の明るさを表記しているのに対し、「ANSIルーメン」は9分割したエリアの明るさの平均値の表記であるため、全体的な明るさを知るのに適しているといえます。なお。投影範囲は12〜200インチで、最適範囲は20〜150インチ。

 長さ15cm弱、重さ約140gのコンパクトさ、4000mAhのバッテリー、ミニ三脚付き、というスペックは、モバイル性抜群。屋内に限らず、アウトドアでも使えそうですし、BluetoothやHDMIなどにも対応していて、幅広く活用できそうなプロジェクターです。




posted by yukkuri at 19:38| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

Qi規格対応ワイヤレス充電器 W-QA13BK

 エレコムの「Qi規格対応ワイヤレス充電器 W-QA13BK」は、Qi規格対応スマホを2台同時に急速充電できるワイヤレス充電器です。2台同時に充電できるので家族で使うのに便利です。寝室で夫婦で使うとか、リビングで家族みんなで使うとか、使い方はいろいろ考えられるとおもいました。

 最大出力は10W。モバイルバッテリーではないので、付属のACアダプタに接続して使います。

 対応機種は、「Qiの5W(BPP)規格」と「Samsungの10W規格のワイヤレス充電」に対応した機器になります。

 ただ置くだけの充電器だとスマホのバイブ機能で動いたり落ちたりするのが心配になりますが、本製品には滑り止めリングが配置されているのがいいとおもいました。



posted by yukkuri at 14:28| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

ASUS VivoStick PC

 ASUSの「VivoStick PC」はHDMI端子に挿して使うスティックタイプPC。その仕様は次のとおり。

 ・CPU:クアッドコアのインテル Atom x5-Z8350 プロセッサー
 ・動作周波数:最高1.92GHz
 ・フルHD(1,920×1,080ドット)出力に対応
 ・端子:HDMI×1、USB 3.0×1、USB 2.0×1
 ・無線LAN:IEEE802.11ac/n/a/g/bに対応
 ・冷却ファン搭載
 ・Bluetooth機能搭載
 ・幅139mm×奥行き36mm×高さ16.5mm
 ・重量 約75g
 ・OS: Windows 10 HomeまたはWindows 10 Pro

 メモリ容量とストレージ容量別に4モデルがラインアップされています。型番は4種類なのに容量は2パターンなので、一方がWindows 10 Homeで、もう一方がWindows 10 Proなのかもしれません(メーカーサイトだけではわからなかった)。

 ・TS10-B078D:メモリ容量4GB、ストレージ容量eMMC 64GB
 ・TS10-B016D:メモリ容量2GB、ストレージ容量eMMC 32GB
 ・TS10-B174D:メモリ容量4GB、ストレージ容量eMMC 64GB
 ・TS10-B052D:メモリ容量2GB、ストレージ容量eMMC 32GB

 パソコンとして使うときは、AndroidおよびiOSに対応した「VivoRemote」アプリケーションを使って、スマートフォンまたはタブレットをマウスやキーボードとして使用します。

 以上の内容からすると、ちょっとしたパソコン作業には十分なスペックですね。このサイズで冷却ファン付きとは驚きです。

 メーカーサイトには、ホームシアター、プロジェクターPC、サービス端末などいろいろな使い方が紹介されていて、個人ユースだけでなく企業ユースも想定しているようです。




posted by yukkuri at 11:54| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする