楽天市場

2021年05月15日

それがだいじWi-Fi

 「それがだいじWi-Fi」は、端末(Wi-Fiルーター)を買い取り、月額で利用するモバイルWi-Fiサービス。主な内容は次のとおり。

 ・対応キャリア:国内3社(ドコモ、au、ソフトバンク)の中から最適な回線に自動接続。
 ・料金プラン:定額2プラン。50GBは月額2,948円(税込)、100GBは月額3,718円(税込)
 ・接続の手間:工事不要。Wi-Fi接続設定のみ。
 ・通話:対象外
 ・海外での使用:2プラン準備。1日500MBなら900円/日、1日1GBなら1,200円/日。
 ・その他:連続通信時間は最大12時間、同時接続台数は10台まで。

 国内3社の最近の格安プランだと、いずれも最大20GBで、ドコモが2,970円/月(税込)、auとソフトバンクが2,728円/月(税込)となっていますから、20GBでは足りない人は検討の余地ありだとおもいました。例えば、通話かけ放題、データ通信最小の安いプランに変更し、「それがだいじWi-Fi」を併用すれば、通話もネットも気がねなしに使える理屈。

 100GBあればビジネスユースというかテレワークにも使えるのでは、とおもったら、法人や自治体も応相談のようです。

 公式サイトはこちら→それがだいじWi-Fi

posted by yukkuri at 20:16| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

アペックス Aqual モバイルデュアルディスプレイ

 職場では、デスクトップパソコンで、2〜3画面で仕事している同僚もチラホラいます。ただ、昨今のテレワークのおかげで、家で作業するときには不便、との声も。確かに、個人ユースではマルチディスプレイの必要性は低いし、ノートパソコンだとなおさら、とおもっていました。

 ところが、家庭でもマルチディスプレイで作業できる製品がありました。製品名は「Aqual モバイルデュアルディスプレイ」。ノートパソコン用で、11.6インチ用と10.1インチ用があります。

 マルチディスプレイの旨みを知るとなかなか元に戻れないそうなので、これがあれば、テレワークでも仕事が捗りそうです。

 設定は、ケーブルでつないで、Windowsだったら「ディスプレイ設定」で、MACだったら「環境システム設定」で設定するだけです。注意点は使用するノートパソコンの端子の種類。サンダーボルト3/USB-C端子であれば付属ケーブルでOKですが、そうでなければ、別売の変換アクセサリーが必要になるので事前に確認しておくのが無難です。




posted by yukkuri at 22:27| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

エーアイパワー Wearbuds

 エーアイパワーのウェアラブル端末「Wearbuds(ウェアバッド)」はワイヤレスイヤホンとスマートウォッチが一体となったガジェット。スマートウォッチのサイドにイヤホンを差し込めるので、聴きたいときにすぐ装着できます。

 差し込んでいる間に充電されていて、スペックによると1回の充電で13時間使用可能なので、割り引いてもバッテリー切れを心配することなく使用できそうです。

 スマートウォッチとしての機能も、心拍数、消費カロリー、歩数計、距離(万歩計)、そして目覚まし、となっていて十分なスペックです。

 防水性もイヤホンがIPX6(暴噴流に対して保護)、ウォッチがIPX5(噴流に対して保護)の耐水性をもっていて、通常の屋外使用なら問題ないレベルといえそうです。

 お気に入りを聴いているときのバッテリー切れは興ざめなので、手軽に充電出来るのはとても助かります。欲しいモノリストに追加決定!




posted by yukkuri at 23:10| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

使い捨てキーボードカバー 200-FA008

 サンワの使い捨てキーボードカバー「200-FA008」は、キーボードを汚れから守る使い捨ての防塵カバーです。ホコリやこぼれた飲み物から守るとともに、キーボードに付着してるかもしれないウイルスから使用者を守ることを目指しています。

 ロール状になっていて、1ロールが100枚分。1枚のサイズは50×25cmで、ミシン目から切り離して、キーボードの裏側にテープで固定したりして使用します。

 素材はサラサラとした手触りのシルクロン素材という材料で、キーボードタッチに支障はないようです。。

 今やキーボードに触らない日はないでしょうから、昨今のご時世を考えると、オフィス、学校、病院では積極的に利用したいアイテムだとおもいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キーボードカバー 防塵カバー 使い捨て 100枚入り シルクロン素材
価格:9980円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)




posted by yukkuri at 21:58| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

ドコモ 新料金プラン ahamo(アハモ)

 ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」が12月3日に発表されました。KDDIとソフトバンクも新料金プランを発表済みですが、いよいよドコモも参戦ですね。

月額料金(税別)、データ容量
 KDDIのUQモバイル(プラン名:スマホプランV)は月額3,980円、ソフトバンクのワイモバイル(プラン名:シンプル20)は月額4,480円であるのに対し、ドコモは月額2,980円となっています。データ容量は3社とも20GBなので、大きな違いは通話料金といえます。

通話料金
 ・ドコモ(ahamo(アハモ)):5分以内の国内通話は無料。月1000円のかけ放題オプションあり。
 ・KDDI(スマホプランV):最大60分/月は月500円。1回あたり10分以内ならかけ放題は700円。いつでもかけ放題は1,700円。
 ・ソフトバンク(シンプル20):10分以内の国内通話は無料。

 通話料金は利用スタイルによって向き不向きが変わってきます。例えば、バンバン通話する人はahamo(アハモ)が有利ですし、1回の通話を5分以内で済ます人もahamo(アハモ)が有利。後発の強み発揮ですね。

開始時期
 開始時期は、ソフトバンク(ワイモバイル シンプル20)が2020年12月下旬、KDDI(スマホプランV)が2021年2月以降、ahamo(アハモ)が2021年3月(開始日未定)となっています。

事務手数料
 「新規契約事務手数料」、「機種変更手数料」、「MNP転出手数料」といった事務手数料については、ahamo(アハモ)は3つとも無料。ワイモバイルは有料と明記されているし、KDDIは無料という記載を見つけきれませんでしたがおそらく有料とおもわれます。ahamo(アハモ)が圧倒的に有利。


 ahamo(アハモ)の対応端末は順次公開とのことなので今後注視するとして、自分の利用スタイル(データ消費量、通話時間)に見合ったプランがどれなのか、キャリア乗り換えとなると解約手数料へのサポートがどうなのか、といった点も含めて検討しようとおもいます。特に、UQモバイルやワイモバイルは元々低料金指向なので現行プランも視野に入れておくのがポイントと感じました。

【関連サイト】

 ahamo(アハモ)公式 
 ドコモ報道発表資料 
 KDDI(スマホプランV)
 ワイモバイル(シンプル20)

posted by yukkuri at 21:37| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする