楽天市場

2021年05月05日

トミカ デジタルアクセルサーキット

 トミカのクルマは男の子の大好きなおもちゃの一つですが、大人も熱くなりそうな製品が発表されました。その名も「実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」。発売は2021年6月ですが、詳細を知ると欲しくなりました。

 コースは2レーンの周回コースで、別売りの「スーパースピードトミカ」でスピードを競います。ポイントはアクセルボタン。これを連打して、コース途中のフライホイールを回転させることでマシンは加速させていきます。インコースは12周、アウトコースは10周で1位を争います。デモ動画を見ると面白そう。でも、連打しすぎてコースが壊れないか心配になりましたw

 単体で遊ぶときは、2人プレイのほかに、1人プレイでラップタイムチャレンジなどで腕を磨けます。新しいのはスマホと連動してプレイできるところ。2人プレイの「レースバトル」、3〜8人で遊べる「トーナメント」、CPUと戦う「グランプリ」の3種類が楽しめます。

 使用するマシンは前出の「スーパースピードトミカ」。スープラ、GT-R、シビック、WRXの4車種が用意されています。




posted by yukkuri at 18:39| 趣味・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

野球ゲーム 9回裏だけ甲子園

 春の風物詩、選抜高校野球も明日が決勝。で、「9回裏だけ甲子園」というスマホゲームをプレイしてみました。高校野球の9回裏だけをプレイするという、時短なゲームです。すき間時間にうってつけ。

 初期画面がこちら↓

 IMG_2414.jpg

 スタートすると、優勝までの道のりが示され、地区大会1回戦から甲子園決勝までの10試合を勝ち抜けばクリアのようです。

 IMG_2415.jpg

 さらにタップすると遊び方の説明。といっても、やることは指でバッターの位置調整をして指を離せばスイング、といたってシンプル。

 IMG_2416.jpg

 スイングしてヒットになった画面。ファミコンのファミスタっぽくてイイ感じw

 IMG_2417.jpg

 勝利画面。イニングは0−0でスタートし、ヒットが続いて、1点入ってサヨナラ勝ち、ということですね。なお、同点で終了すると負けになります。

 IMG_2418.jpg

 引き続き、2回戦がスタート。今回は2−1で負けていて、ノーアウト2塁というシチュエーションです。注目は、アウトカウント。1回戦では5アウトでしたが、勝ち進んだので1つ増えて、2回戦では6アウトまで攻撃できます。

 IMG_2419.jpg

 こんな感じでセーブなしに連続でプレイしていき、全国優勝を目指します。負けたら終わり、というのも現実の高校野球と一緒で、サクッとプレイできる反面、だんだん難しくなる(相手が強くなる)ので、シンプルだけど真剣にやりこんでしまいそう。

posted by yukkuri at 22:35| 趣味・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

組立式ミニコンロ ペッタンコンロ

 MACHICOCOの「ペッタンコンロ」は使い終わったらペッタンコにできるお一人様用の組立式ミニコンロ。ソロキャンプにうってつけのグッズといえます。平べったくなって、軽い(約540グラム)というのは、荷物をなるべく軽く小さくしたいソロキャンプにとって大助かりな特長です。

 組立1分、分解30秒、という組立のしやすさが売り物で、紹介動画で確認できます。余計な仕組みはなく、大小14枚のステンレス板で構成されているので、分解してパーツを重ねたら、まさにペッタンコでした。

 中に炭を入れて使うのですが(ミニサイズなので薪は無理のよう)、灰が残っていてもパーツが板形状なので洗いやすいのが気に入りました。側面と底面にある穴のおかげで空気が回りやすく、火加減にも良好な作りですが、穴があることは軽量化にもつながっているようです。

 基本的には網焼きグリルのように使いますが、オプションの専用グリルプレートを使えば、炒め物ができるなど、料理の幅が広がります。製品サイトでは確認できませんでしたが、専用の収納ケースがあれば万全だとおもいました。

posted by yukkuri at 22:21| 趣味・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

ゲーム ブロックスケープ

 スマホゲーム「ブロックスケープ」は、木製ブロックを8×8のマス目にはめ込んでいくパズルゲーム。

 blockscape01_IMG_1747.jpg 

 初期画面には3種類のブロックが表示されていて、これら3つをマス目にあてはめていきます。テトリスに似たブロックですが、テトリスが4つのコマで形成されているのに対し、このゲームのブロックの大きさは様々です。

 blockscape02_IMG_1748.jpg

 3つのブロックを置くと、次の3つが表示されるので、引き続き当てはめていきます。

 blockscape03_IMG_1749.jpg

 縦横にかかわらず1列全部が埋まるとブロックが消え、スコアがアップします。こうしてブロックを消し続けてハイスコアを目指します。

 blockscape04_IMG_1750.jpg

 3つすべてが置けなければゲームオーバーとなり、最初からプレイとなります。

 blockscape05_IMG_1751.jpg

 テトリスと違って、時間に追われることはなくじっくりプレイできる一方、ブロックを回転させることはできないようなので、別の難しさがあります。じっくりできるので脳トレにいいとおもいました。

posted by yukkuri at 23:11| 趣味・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

1/450スケール 日本海軍 航空母艦 信濃 “起工80周年記念”

 日本海軍の航空母艦「信濃」は、大和、武蔵の兄弟艦で、戦況により戦艦から空母に艤装変更された艦です。そのシルエットは赤城や加賀といった旧来の日本海軍とは一線を画していて、大きめの艦橋が大和級の巨大な艦体とバランス取れていて、現代の艦船と比べても古臭さを感じさせません。

 「信濃」は1940年(昭和15年)に起工、1944年(昭和19年)に竣工し、横須賀から呉に回航中、米潜水艦の魚雷攻撃を受け、紀伊半島沖合で沈没しました。大和型戦艦3番艦として誕生したものの、途中で空母に生まれ変わり、戦うことなく生涯を終えた悲運の軍艦といえます。

 ハセガワの「1/450スケール 日本海軍 航空母艦 信濃 “起工80周年記念”」は、そんな信濃の起工80周年を記念した限定キットで、特典として特製ピンバッジが付いています。

 軍艦好きにとっては無視できない存在。発売は2021年2月3日頃で、予約受付中です。




posted by yukkuri at 22:38| 趣味・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする