楽天市場

2021年04月10日

映画 NOMADLAND

 映画「 NOMADLAND(ノマドランド)」がアカデミー賞候補として前評判が高いようです。連日WOWOWで放送され、いやでも耳に入ってきますw。すでにベネチアで金獅子賞、トロントで観客賞を受賞。アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演女優賞など6部門にノミネートされています。

 IMG_1991.jpg  IMG_1992.jpg

 「ノマド」とは遊牧民のことで、住居を持たず季節労働者として全米をキャンピングカーで渡り歩く人々を指します。主人公のファーン(フランシス・マクドーマンド)は仕事と住居を失うものの、働きたいという意思のもと、季節労働の現場を渡り歩くノマドとして生きることに。

 新たな生活で知り合ったいろいろなノマドの人たちとの交流。定住者からみれば不安定といえる生活といえますが、安定よりも自由を選んだノマドたちの姿が羨ましくも感じます。

 プロの俳優はフランシス・マクドーマンドとデヴィッド・ストラザーンのみで、他の出演者は実際のノマドたちとのこと。ほぼほぼドキュメンタリーですね。

posted by yukkuri at 17:30| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

映画 アオラレ

 アオラレ01_IMG_20210303.jpg

 映画「アオラレ」は、日常生活のある行動をきっかけに恐怖の世界に陥ってしまうスリラー。理不尽な展開は、スピルバーグの「激突!」を彷彿とさせますが、こちらは終始顔が見えない存在で不気味さを醸し出していたのに対し、本作はお騒がせの主人公(?)が120%露出w。

 予告編を見ましたが、一児の母親にあおり運転で迫ってくる中年男の偏執的な行動をラッセル・クロウが怪演しています。かなりの暴走(運転だけではない)と無敵っぷりで面白さ倍増と感じました。

 この映画がヒットしているということで、海外でもあおり運転が問題になっているのかとおもいましたが、原題は「unhinged」であり、意味は、‘ヒンジ(蝶番)が外れた’とか‘不安定な、錯乱した’です。

 邦題「アオラレ」は最近の世相に乗っかった印象。あおり運転はタガが外れた男の行動のひとつであり、それにとどまらない破天荒な行動と展開で人気を博したのではないかと感じました。2021年5月公開。

posted by yukkuri at 22:11| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

ゴジラVSコング 予告編

 映画「ゴジラVSコング」の予告編が公開されました。ゴジラとコングのサイズ感がマッチするか心配でしたが予告編を見る限り両者は互角の体格に見えます。

 前作では人類と共同戦線を張ったゴジラでしたが、本作ではおかまいなし。コングとの闘いに専念しているよう。コングが覚醒するようなシーンもあります。

 キャストは、主演のアレクサンダー・スカルスガルドの他に、前作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に引き続き、カイル・チャンドラー、ミリー・ボビー・ブラウン、チャン・ツィイー。そして、日本のファンにとっては小栗旬さんも注目です。

 2021年3月26日に全米で公開予定。東宝の公式サイトを見ても、スタッフとキャストのみで情報皆無。現時点では予告編だけが頼りのようですが、ネットでは興味深い考察も。メカゴジラが登場?いろいろ想像が膨らんで楽しい^^ 日本公開が待ち遠しいです。

ラベル:考察 公開 東宝
posted by yukkuri at 21:46| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

バイプレイヤーズ シーズン3

 テレビ東京制作の人気ドラマ「バイプレイヤーズ」のシーズン3が来る2021年1月8日(金)深夜0時12分スタートです。放送局情報は、以下のようになっています。

 ・テレビ東京、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送:2021年1月8日(金)深夜0時12分
 ・テレビ大阪:2021年1月11日(月) 深夜0時12分
 ・静岡放送:2021年1月23日(土) 深夜1時28分

 これ以外の地域ではBS頼みですが、公式サイトでは放送日時を確認できませんでした。

 サブタイトルは「名脇役の森の100日間」。“今回の舞台は都会からはなれた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺鄙な撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動の100日間を描きます。”(“ ”内は公式サイトから引用)

 オリジナルメンバーの4人以外の出演者は随時発表されていて、現時点では総勢79名までわかっています。すごい人数。最終的には100人といわれていて、彼らがどんな登場をするのか、とても興味深いです。楽しみ。


posted by yukkuri at 20:56| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

映画 パラサイト

 映画「パラサイト」は、ユーモアと緊張感にあふれた作品。格差社会を高台の豪邸に住む裕福な家族と半地下住宅に住む貧困家族の対比で描いています。秀逸なのは、この対比構造にさらなる異質である豪邸の地下に棲む家族(まさにパラサイト)を絡ませてきたことです。

 貧困家族は嘘は混じっているとはいえ裕福家族と平穏な関係を築いていましたが、地下家族の存在によって物語は急展開していきます。

 事前情報には終盤の惨劇という言葉もあったので、貧困家族が地下家族を始末して裕福家族も始末する、みたいなスラプスティックな展開も想像していましたが、いい意味で裏切られました。考えてみればそんな作品がアカデミー賞作品賞を受賞するわけがないですね。自分の想像力の欠如を痛感w

 ラストに向けて、常に緊迫感を感じさせつつ、それぞれの生活を踏まえた、いたって普通な人物たちを描いていきます。起きていることはとんでもないことですが、伏線や構成がよくできているので、ストーリーは破綻していません。家族の絆までとりこんでいてさすが。

 半地下や地下という設定が根幹を成す作品。韓国ならではの作品かもしれませんが、半地下という状況が事実であろうとフィクションであろうと、エンターテインメント作品としてよくできた作品だとおもいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パラサイト 半地下の家族 [ ソン・ガンホ ]
価格:4481円(税込、送料無料) (2020/11/14時点)




posted by yukkuri at 18:55| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする