楽天市場

2020年12月29日

和歌山生まれの手袋たわし

 「和歌山生まれの手袋たわし」は、和歌山の手袋職人が考えた手袋型のたわし。今日は大掃除で家中の窓ふき、洗車、外構掃除で1日が終了。疲れた体でネットサーフィン。そして見つけたのが、これでした。もっと早く見つけたかったw

 いろいろな特長があり、まず使用している「異形断面繊維」という繊維のおかげで、水だけでも汚れを落とせるそうです。次がその形状。人差し指と親指が独立した3本指タイプなので、細かい部分も広い面もどっちも洗いやすいです。左右兼用で利き手を選ばないのもいいところ。

 活躍する場所は、台所(シンク)、浴槽など。今日は、窓のサッシの溝にたまった汚れに苦労したのですが、こんなところも楽にきれいにできそうだと感じました。ただ、泥がつくので、内用と外用の2つ準備したほうがよさそう。商品サイトでは自転車や車のホイールの掃除も紹介されていたので、外用は絶対欲しいですね。

 大掃除に限らずドンドン使いたくなるグッズです。




ラベル:手袋 職人 繊維
posted by yukkuri at 18:55| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする