楽天市場

2020年12月09日

ドコモ 新料金プラン ahamo(アハモ)

 ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」が12月3日に発表されました。KDDIとソフトバンクも新料金プランを発表済みですが、いよいよドコモも参戦ですね。

月額料金(税別)、データ容量
 KDDIのUQモバイル(プラン名:スマホプランV)は月額3,980円、ソフトバンクのワイモバイル(プラン名:シンプル20)は月額4,480円であるのに対し、ドコモは月額2,980円となっています。データ容量は3社とも20GBなので、大きな違いは通話料金といえます。

通話料金
 ・ドコモ(ahamo(アハモ)):5分以内の国内通話は無料。月1000円のかけ放題オプションあり。
 ・KDDI(スマホプランV):最大60分/月は月500円。1回あたり10分以内ならかけ放題は700円。いつでもかけ放題は1,700円。
 ・ソフトバンク(シンプル20):10分以内の国内通話は無料。

 通話料金は利用スタイルによって向き不向きが変わってきます。例えば、バンバン通話する人はahamo(アハモ)が有利ですし、1回の通話を5分以内で済ます人もahamo(アハモ)が有利。後発の強み発揮ですね。

開始時期
 開始時期は、ソフトバンク(ワイモバイル シンプル20)が2020年12月下旬、KDDI(スマホプランV)が2021年2月以降、ahamo(アハモ)が2021年3月(開始日未定)となっています。

事務手数料
 「新規契約事務手数料」、「機種変更手数料」、「MNP転出手数料」といった事務手数料については、ahamo(アハモ)は3つとも無料。ワイモバイルは有料と明記されているし、KDDIは無料という記載を見つけきれませんでしたがおそらく有料とおもわれます。ahamo(アハモ)が圧倒的に有利。


 ahamo(アハモ)の対応端末は順次公開とのことなので今後注視するとして、自分の利用スタイル(データ消費量、通話時間)に見合ったプランがどれなのか、キャリア乗り換えとなると解約手数料へのサポートがどうなのか、といった点も含めて検討しようとおもいます。特に、UQモバイルやワイモバイルは元々低料金指向なので現行プランも視野に入れておくのがポイントと感じました。

【関連サイト】

 ahamo(アハモ)公式 
 ドコモ報道発表資料 
 KDDI(スマホプランV)
 ワイモバイル(シンプル20)

posted by yukkuri at 21:37| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする