楽天市場

2019年11月30日

『おひとり様用折りたたみ式テント「ベッドdeテント」』

 子どものころ、押し入れに懐中電灯を持ち込んで、秘密基地のような、隠れ家のような雰囲気を楽しみながら遊んだことがあります。

 『おひとり様用折りたたみ式テント「ベッドdeテント」』は、その時の記憶がよみがえる自分専用の空間を即座に作れるおひとり様用テント。

 テントといっても使用場所はアウトドアではなく自宅の部屋。

 周囲の風景をシャットアウトすることで、好きなゲームやパソコン作業に没頭できます。疲れたらひと眠り。素材がある程度遮光してくれるので眠りやすそう。昼寝にも使えます。

 広げたときのサイズは、幅202cm、高さ97cm、奥行き91cm。シングルベッドのマットレスのサイズは幅が約100cm、長さが195〜200cmといわれていますから、91×202ならなんとかイケそうです。要サイズ確認。もちろん、和室に布団を敷いて広げてもいいとおもいます。

 休日はスナックを持ち込んで自分だけの専用空間でゲーム三昧。極楽ですね。でも、ほどほどにしないと家族に怒られるかもw



posted by yukkuri at 21:36| 趣味・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』

 『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(長いタイトルw)。MBA医師とは何ぞや?とおもって手に取りました。医者であり、MBA(経営学修士)ということで多面的な視点で医療に携わっているということだと勝手におもって拾い読み。

 風邪予防について、できうる限りの医学的知見と科学的知識を一般の人が日常的の実践できるレベルの具体策に落とし込んで紹介していく、という内容。

 「病院に行っても風邪は治らない」、「本当に正しいマスクの着け方・外し方」、「公共トイレの○○を使うと危険」、という読んでみれば得心がいく内容ばかり。

 最も響いたのが、「家族・同僚からの感染防止4原則」。これからの寒い季節を乗り越えるのに一読しておきたい本。



posted by yukkuri at 21:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

吉野家 牛丼 ツウな食べ方

 吉野家のベテラン社員によれば、吉野家の牛丼のツウな食べ方は「つゆぬき」だそうです。肉の旨味をストレートに味わえるとのこと。

 ということで、試してみました。

 IMG_7574.JPG

 見た目はいつもの牛丼。生卵はマストです。

 IMG_7576.JPG

 溶いた卵プラス七味。肉の茶色、卵の黄色、七味の赤。いつもながら、色彩的にも美味しそう。

 いつもどおり、ご飯と卵を混ぜます。つゆがない分、箸への抵抗がちょっと大きく感じます。

 かきこみました。美味い!ご飯はたまごかけご飯に変貌。つゆがない分、ご飯と卵の味がダイレクトに味わえます。そこに牛肉とタマネギが加わることで、具、卵、ご飯が絶妙のバランスで仕上がっています。

 IMG_7577.JPG

 あっという間に完食。ごちそうさまでした。この食べ方、とても好きです。新発見でした。これからも続けようとおもいます。

 IMG_7578.JPG

posted by yukkuri at 21:40| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

丸辰 『炊飯マグ』

 丸辰の『炊飯マグ』は、電子レンジで簡単にご飯が欠けるマグカップ大の調理器具。

使い方は、

 @お米150g(1合)を水洗いし、ざるなどにあげて水気をきっておく。
 A『炊飯マグ』に@のお米と水180mlを入れて、蓋を置いて約30分浸け置きする。
 B蓋をしたまま電子レンジに入れ、500ワットで約7分加熱。
 C加熱後、そのまま約10〜15分蒸らす。

 白米ご飯だけでなく、炊き込みご飯といったアレンジも可能。実際、どんな風に炊けるのか興味があります。

 量はほどほどでいいけどいつも炊きたてを食べたい、一人暮らしで炊飯ジャーでは量を持て余す、そもそも炊飯器を置く場所がない、等いろいろな層のニーズがありそうです。



posted by yukkuri at 22:17| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

『どこでも乾かせる熱風コードレスドライヤー SACRMHDB』

サンコーの『どこでも乾かせる熱風コードレスドライヤー SACRMHDB』は、場所を選ばないヘアドライヤー。充電式でHOTモードなら約14分間の連続稼働が可能。

想定利用シーンの一つが、スポーツクラブで汗を流した後、シャワーを浴びた時。たしかに、クラブによってはドライヤーを置いていないケースもあり得ますし、濡れ髪のままだと、マイカー以外は移動がはばかられます。

かといって、シャワーを使わずに、汗臭い髪のままでいるのもいやなもの。

どこでも使えるというとコードレスのメリットを活かした製品ですね。



posted by yukkuri at 21:57| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする