楽天市場

2019年10月23日

小学生向けスマートシューズ 『UNLIMITIV(アンリミティブ)』

 バンダイの『UNLIMITIV(アンリミティブ)』は右足にセットされたセンサーユニットが、「スマートフォンアプリと連動し、遊びながら運動能力の進化をアシスト」する小学生向けスマートシューズです(「」内は製品サイトから引用)。

 トレーニングモードは、トレーニングメニューで能力値をグラフ化する「アルティメットモード」、歩数を確認できる「フィールドモード」、そして今回追加された猛獣から逃げきる「ニゲキルモード」の3種。

 旧モデルではシューズとセンサーがセット販売だったのが、11月発売の新モデルでは別売りになっています。これのいい点は、子供が成長して靴を新調してもセンサーはそのまま転用できるところかな、とおもいます。

 なお、注意点として、スマホ操作は保護者がやるようとのこと。これは納得ですね。

posted by yukkuri at 23:34| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

映画『来る』

 kuru_01_IMG_1969.jpg  kuru_02_IMG_1970.jpg

 昨年公開された映画『来る』をWOWOWで観ました。映画館で見逃したので、待ってました、です。ホラー小説『ぼぎわんが、来る』の映画化作品で、主演は岡田准一。他には妻夫木聡、黒木華、松たか子、柴田理恵、小松菜奈、青木崇高が出演。

 登場人物たちの心の闇、愛情、葛藤がよく描かれていて、ホラー要素がいや増しています。特に、妻夫木聡さんの軽薄なイクメンパパっぷりが秀逸。無自覚なところがよけい始末に悪い、罪深い男性を好演。

 主演の岡田准一さんは40分頃に登場、中盤で妻夫木聡さんは死亡、といった具合に、ストーリー構成もユニークです。

 不気味ですし、グロテスクな場面もありますが、ホラーらしからぬカッコイイ映像が印象的でした。冒頭のタイトルシーン、祓いに向けての準備シーン、そして、霊能力者(松たか子)の戦闘(?)シーンの血の演出、とかです。

 また、音楽の使い方もカッコイイです。オープニングもそうでしたが、エンドロールから「完」に至るまでがテンポよかったです。

 オカルトホラー映画として面白いですし、映像と音楽でも一味違う作品です。

posted by yukkuri at 21:10| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

マグネットフック 『マグサンド』

 マグエバー社の『マグサンド』は、磁石の力で表裏からはさむことで、ガラス、プラスチック、木材等にもマグネットフックが使えるようにしたアイデア商品。マグエバー社は永久磁石の専門商社で、磁石の扱いはお手のもののようです。

 使用しているのは磁力が強いネオジム磁石で、脆い、錆びやすい、滑りやすいという弱点をカバーするため、シリコンで覆っています。

 リビングの窓、浴室のガラス戸、キッチン戸棚、タンス、等、ちょっと物をひっかけたい、という場所にうってつけ。

 耐荷重の目安は、ガラス厚5mmで500グラム。これぐらいあればタオルやふきんは大丈夫ですね。



posted by yukkuri at 20:40| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

『コラーゲンイオンヘアードライヤーTCD4500』

 テスコムの『コラーゲンイオンヘアードライヤーTCD4500』は、ただのドライヤーではなく、コラーゲンとプラチナという美容成分をナノサイズミストとともに送風して、髪をケアするというのが特徴です。

 コラーゲンとプラチナは「コラーゲンプラチナボックス」から供給していて、「コラーゲンプラチナボックス」の交換目安は2年です。

 キャビンアテンダントがおすすめする情報メディア「CA Media」にも、‘美髪ケアと美肌ケアが期待できるヘアドライヤー’として紹介されているので、効果が期待できそうです。



posted by yukkuri at 22:58| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

iOSアプリ「4XCAMERA Maker」

 iOSアプリ「4XCAMERA Maker」は最大4台のiPhoneまたはiPadで撮った動画をマルチ画面に編集するアプリ。

 4XCAMERA_01_IMG_6978.jpg  4XCAMERA_02_IMG_6979.jpg


 同時録画のときは、親機+3台の子機という構成で、親機が操作。録画後は、ワイプ、フェード・イン/アウト、画面分割など、さまざまな編集が可能。完成したら、カメラロールに保存。

 何でもできそうなので、作り手のセンスが問われますね。

posted by yukkuri at 23:10| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする