楽天市場

2019年09月23日

『ディーボット オズモ 930』

 『ディーボット オズモ 930』はエコバックスのロボット掃除機で、吸引と水拭きを同時に行うのが特徴です。

 フローリングの場合、ドライシートでホコリをとってもたまには水拭きしないと汚れは落ちないと実感しているので、水拭き機能がついているロボット掃除機は魅力的です。

 やみくもに水拭きされるとカーペットまで湿っちゃうと心配してしまいますが、本機は水拭き時にはカーペットを避けるので安心です。

 本体が計測したマップはスマホで確認、スマホで掃除範囲を設定、といった基本性能も十分ですし、吸引と水拭きを同時にできるというのが気に入りました。



posted by yukkuri at 18:24| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

餃子の王将 回鍋肉定食

 久しぶりに餃子の王将でランチしました。餃子はもちろん、ちゃんと中華料理を味わいたかったので、「回鍋肉定食」をチョイス。

 IMG_6212.JPG

 数ある中華料理のなかでもマイベスト3に入るのが「回鍋肉」ですが、こちらの「回鍋肉」も王道といえる味付け。キャベツとピーマンはシャキシャキしていますし、豚肉との量的バランスもいい感じ。甘辛味噌で炒められた肉と野菜は本当に旨いです。

 IMG_6213.JPG

 これをサポートする餃子には何も言えませんw もっちりした皮を食い破ると餡の旨味が口中に広がり、これこれ、という安心感が広がります。

 IMG_6214.JPG

 やっぱり、餃子の王将はイイ!

ラベル:餃子 回鍋肉 王将
posted by yukkuri at 23:48| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

レーザー投影式キーボード 『Serafim Keybo』

 『Serafim Keybo』はレーザー投影式のキーボード。昔、テレビドラマで中居正広さんが使用していましたね。

 本機では、赤色レーザーで投影されるキーボードは正確なタイピングを目指して円形キーになっています。また、本体にスマホをセットできるようになっていて使い勝手がアップしています。

 本機の特徴は多言語対応であること。英語の他に、日本語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、アラビア語に対応。

 そして、もう一つの特徴は楽器演奏ができること。楽器演奏アプリ「Serafim Keybo」(同じ名前w)をスマホにインストールすれば、ピアノ、ギター、ドラム、ベースの4種類の楽器から音を選んで演奏できます。弦楽器や打楽器をどのように演奏するのか興味深いです。

 スマホでの文字入力はもっぱらキーボード入力で、両親指で打鍵(?)しています。別途キーボードがあれば効率アップは明らかなので、こういう製品はとても欲しくなります^^。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Serafim Keybo レーザー投影式キーボード ピアノ鍵盤 (白)
価格:19548円(税込、送料別) (2019/9/19時点)




posted by yukkuri at 22:30| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

ミニサイズマグボトル 『POKETLE(ポケトル)』

 『POKETLE(ポケトル)』は容量120mlのミニサイズマグボトル。尻ポケットに入れても苦にならないサイズで、自転車、散歩、近所へのプチお出かけなどにピッタリなサイズ感です。

 ステンレスボトルなので、保温・保冷、どちらの飲み物も温度をキープ。

 暑さも多少和らいできて、500mlでは飲み切らないときもあるので、これからの季節にちょうどいいサイズ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケトル ステンレス製マグボトル 120ml/POKETLE
価格:1296円(税込、送料別) (2019/9/18時点)



posted by yukkuri at 23:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

映画『アス』

 現在公開中の映画『アス』が怖いらしいです。黒人の4人家族の恐怖を描いた「サプライズ・ホラー」。彼らが夏休みに訪れたのは、主人公である妻が昔住んでいた家。今は空き家のようです。

 昼間はビーチで不可解な出来事。そして、夜になると家族そっくりの4人が家に侵入してきます。その後の展開は見てのお楽しみですが、予告編では、火かき棒を手に戦う主人公も描かれていて、展開が気になります。

 自分そっくりの相手(ドッペルゲンガー)が襲ってくるというのは確かに怖いですし、存在自体が不気味。

 監督は『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督。ある日突然ふりかかる恐怖という点では相通じるものを感じますし、本作でもサプライズ展開を期待したいです。

posted by yukkuri at 21:10| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする