楽天市場

2019年12月01日

ポータブルSSD 『SSPG-USC』

 データバックアップ用に外付けハードディスクを使用していますが、耐衝撃性を考えて、据置き型ではなく、ポータブル型を使っています。データバックアップデバイスに耐衝撃性は不可欠だとおもいます。

 最近興味があるのがSSDなのですが、いいとおもったのが、アイ・オー・データのポータブルSSD『SSPG-USC』です。

 一番気に入った点はやはり耐衝撃性。米国国防総省の軍事品に採用する性能試験(MIL-STD)と同等の122cmからの高さからの落下試験に合格しているのですから、申し分ないとおもいました。

 次に気に入ったのが、そのサイズ。約58×88mmのボディは、名刺サイズ。本当のポータブルです。持ち運びやすいし、普段も引き出しに入れていても邪魔にならないのがいいです。

 基本的な仕様は‘USB 3.1 Gen 2 Type-C対応’で高速読み込みが可能ですし、USB A&Type-C両対応なので利便性もOK。

 次はポータブルSSDにしようかどうか、心が動いています。

 こちら↓は500GB。他に、1TBと2TBがラインアップ。

posted by yukkuri at 21:41| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

ソーラー充電器『YOLK Solar Paper』

 『YOLK Solar Paper』は極薄のソーラー充電器。「ソーラーペーパー」の名前通り、厚みは2mm。幅約9cm×高さ約19cmですから、システム手帳程度のサイズ感です。

 コネクタのついているメインパネルにサブパネルをマグネットでつなぎ合わせていくようになっていて、最大6枚つなげられます。1枚当たりの出力は2.5Wなので、6枚で15W。

 携帯性が抜群なので、普段から持ち歩いていてもOK。防災グッズとしても心強いです。



posted by yukkuri at 22:37| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

バッファロー Wi-Fi中継機 『WEX-733DHPS』

 バッファローのWi-Fi中継機『WEX-733DHPS』の特徴は、コンセントに直挿しできること。電源コードやルーターとの接続ケーブルが不要なので、パソコン周りがスッキリして気持ちいいです。大きさも上下2連コンセントの上側をふさがないように配慮されています。

 コンセントに挿すだけでWi-Fiエリアが拡大するので、Wi-Fiルーターだけでは電波が届きにくいお宅に向いています。

 設置場所は専用アプリ「中継器設置ガイド」で通信状態を調べることで適切な位置が見つけられます。

 初期設定(ルーターとの引継ぎ設定)に関しては、バッファロー製のルーターであればWPSボタンを押すだけで終了。バッファロー製のルーターでなくてもWPS対応であれば、本機を使えます。

 NTTぷらら社の映像配信サービス「ひかりTV 4K」は動作確認済とのことなので、ルーターの部屋とテレビの部屋が離れているときに効果を発揮しそうです 。

【11月下旬発売予定】 バッファロー(BUFFALO) WEX-733DHPS 無線LAN中継機 エアステーション 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps (WEX733DHPS)

posted by yukkuri at 18:31| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする