楽天市場

2019年08月13日

RAVPower 『FileHub RP-WD009』

 スマホのデータは普段クラウドにバックアップしていますが、ネットにつながらなくなったらどうしようという心配性なので、PCやUSBメモリーにも可能な限り(容量が許す限り)バックアップするようにしています。

 ただ、iPhoneなので、PCやUSBメモリーへのバックアップははっきり言って面倒くさく感じています。

 で、今良さげに思っているのが、RAVPowerの『FileHub RP-WD009』です。公式サイトの表現を借りると「多機能ワイヤレスカードリーダー」とのこと。

 公式サイトを読み進めると、多機能というのは、@ワイヤレスファイルハブ機能、AWi-Fiルーター機能、Bモバイルバッテリー機能、の3つの機能のことで、次のようなことが可能になります。

 ・SDカードスロットにSDカードを挿せばWi-Fi経由でワイヤレスでデータバックアップ。
 ・USBポートにPCなどを接続すれば、SDカードと同様にデータをバックアップ。
 ・本体とモデムをLANケーブルで接続すれば、Wi-Fiルーターとして使用。
 ・6700mAhのモバイルバッテリーとして使用。

 SDカードやPCに簡単バックアップできて、自宅に有線LANしかない場合には無線LANが構築でき、いざというときの充電にも対応。

 家でも外出先でも使いでのある製品だとおもいます。

posted by yukkuri at 21:33| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

アプリ「Bye Bye Camera」

 「「Bye Bye Camera」は、写真に写り込んだ人物を消してしまえる画像処理アプリ。人物を認識してその部分を除去し、除去部分は背景を使って塗りつぶします。

 写り込んだ他人を消すためにphotoshopを使って手作業で上記作業を行っていたのが懐かしいです。

 360円という有料アプリですが、人物消去というのは興味深いです。

posted by yukkuri at 23:59| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

弱視検査アプリ「GoCheckKids」

 「GoCheckKids」は、子供の弱視を検査するiOSアプリ。

 操作は、患者の子供の顔を撮影して電子カルテに送信するだけ。

 医療従事者向けのアプリなので、Appstoreで検索しても見つからないようです。餅は餅屋ですね。


 result_IMG_5393.jpg


 アプリで大事な子供の異常を早期に検知できるとはいい時代になったと感じます。

ラベル:弱視 iOSアプリ
posted by yukkuri at 22:36| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする