楽天市場

2020年05月20日

骨こつケア

 年に一度の健康診断で、骨密度測定(かかとで測るタイプ)を行ったところ、同年齢の標準値の8割相当で要精検領域という結果。とてもショックでした。自覚症状はないのですが、年も年だし、何かケアしたいと感じました。

 カルピスの『骨こつケア』は、加齢とともに低下する骨密度を高める、「枯草菌(バチルス・サブチルス)C-3102株」を配合した粒タイプのサプリメントです。

 「骨芽細胞」と「破骨細胞」のバランス(骨代謝)が崩れ、「破骨細胞」の働きが上回ると骨密度が低下するといわれていて、この「破骨細胞」の働きを抑制すると考えられている枯草菌(バチルス・サブチルス)C-3102株を配合しているのが『骨こつケア』の特長です。

 臨床試験で大腿骨の骨密度を高めることが実証されていて、機能性表示食品としても届出済なので、効果が期待されます。

 牛乳をがぶ飲みしたり、小魚をむしゃむしゃ食べずに済むのは、おじさんにとっては朗報です。




posted by yukkuri at 22:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

ゲーミングアイマスク HCM-G01BK

 エレコムの「ゲーミングアイマスク HCM-G01BK」は「メディカーボンR」という植物性炭素繊維を使用した温熱治療用アイマスクです。「メディカーボンR」は遠赤外線放射性に優れていて、体温を利用した温熱効果によって、血行を促進して筋肉のコリをほぐします。

 「ゲーミング」というネーミングのとおり、ゲームで疲れた目を休ませるときにはアイマスクとして使用するほか、アイマスクの部分が肩に乗っかるように首にかければ、ゲーム中でも肩のケアに使えます。

 頭部周囲対応寸法は65cmまでで、重さは約19グラム。

 電源いらずで丸洗い可。電気を使用しないのでいつでも使えますし、洗濯して繰り返し使えるので、コスパも良好といえます。




posted by yukkuri at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

インフルエンザ予防策

 新型肺炎のニュースで喧しい昨今ですが、今はインフルエンザへの備えも必要な時期です。時節柄、インフルエンザ予防についてテレビやネットで見聞きするので、ためになった事柄を整理してみました。

 マスクはインフルエンザ予防には期待できないそうです。インフルエンザウイルスはマスクの繊維の目を簡単にくぐり抜けるためで、空気感染には無力。ただし、くしゃみに含まれるウイルスを吸い込むのは防げるそう。マスクだけでは万全ではないということですね。

 テレビで知ったお医者さんが実践している予防策も役に立ちそうです。

 まず、うがいについて。インフルエンザウィルスは風邪ウィルスとちがって侵入が速いので、1日数回のうがいでは効果が低く、むしろ、マメに(2時間おきに)緑茶を飲んで喉を湿らしておく方がいいそうです。

 接触感染を防ぐのに、しっかりした手洗いは有効な手段とのこと。ウイルスのついた手で鼻、口、目を触ることを想像すると納得です。手洗いは、手のひらや指だけでなく、指の股、手の甲、爪、手首までしっかり洗うことが大事です。これは私も実践していますが、自然とじっくり洗うことになるので、この洗い方はおすすめです。

 テレビのお医者さんはスキンヘッドだったのですが、手を洗った後、顔と頭(!)も洗っていました。さすがプロ^^。

 なお、手洗い後にアルコール消毒を行うとより良いそうです。これも納得ですね。



posted by yukkuri at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする