楽天市場

2019年09月30日

サントリー天然水 心臓マッサージ

 「サントリー天然水のペットボトルが人の命を救う」。昨晩のTBS系「初耳学」で紹介されていたお題です。林先生にとっては初耳の情報で、「サントリー天然水」の空きペットボトルがAEDでの心臓マッサージの練習にちょうどよい強さだというのが答え。

 防災訓練でAEDによる救助練習を体験したことがありますが、指を組んだ両掌でダミーの胸板を押し続ける作業は力加減が難しく、一度は練習しておいた方がいいと、このとき痛感しました。

 番組では、ペットボトルで心肺蘇生訓練を行おうという活動である「CPRトレーニングボトルプロジェクト」を紹介していて、このなプロジェクトが推奨しているペットボトルが「サントリー天然水」の550ミリリットルと2リットルでした。

 同プロジェクトでは、2リットルペットボトルには約1〜1.1リットルの水を入れた状態、550ミリリットルペットボトルは空の状態で検証していて、標準的な訓練用人形と類似した一定のストロークと圧迫の強さの体感が得られたそうです。

 また、同プロジェクトでは「訓練シート」も取り扱い中。

  ※CPR:CardioPulmonary Resuscitationの略。心肺蘇生。

 参照サイト:「CPRトレーニングボトルプロジェクト

posted by yukkuri at 21:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

 映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』をあらためて観ましたが、『アイアンマン』に始まり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で完結する一連の物語の高い完成度をつくづく感じました(厳密には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が最後ですが)。

 第二次世界大戦の戦時下での能天気な国威発揚シーンは多少引っかかりますが、そこは娯楽作品ということで。

 ヒドラ、4次元キューブ、レッドスカル、戦友バッキー、すべてが『/エンドゲーム』までのすべての作品に通じているのがすごいです。素晴らしい構成力。



posted by yukkuri at 18:31| 芸能・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

ボードゲーム『真贋のはざまで』

 やのまんのボードゲーム『真贋のはざまで』は有名絵画をオークションで売買しあうという大人も楽しめるゲーム。対象年齢は12歳以上で、推奨人数は4〜9人。所要時間は45分程度。

 舞台は裏社会のオークション会場。プレーヤーは、役職カード(画学生、贋作師、コレクター、学者等)、絵画(真作、贋作、価値ある複製)、資金を与えられ、出品作品の真贋を見極めながら競り落としていく、というもの。

 単に高い絵画を収集していけばいいというわけではなく、役職に応じた働きによってポイントが変わってくるので、例えば、「画学生」ならば真作獲得を目指し、「贋作師」ならば贋作を狙う、といった感じでしょうか。

 また、絵画収集が目的なので、ゲーム終了までにお金が残っていてもポイントにならないので使い切った方が得策ですが、「アートブローカー」は手元の金額が多いほどポイントが高い、という設定も面白いです。

 役職によって立ち回り方が変わってくるので、自分の役職を他のプレーヤーに知られないように、かつ、相手の役職をいかに見極めるか、もゲームの楽しみ方の一つ。

 なかなか奥深いゲーム。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やのまん YANOMAN 真贋のはざまで
価格:3758円(税込、送料別) (2019/9/27時点)



posted by yukkuri at 23:02| 趣味・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする